menu

2019/12/10

【第11回】面接時のワンポイントアドバイス(逆質問編)


皆さんこんばんは。
つーです。

今年もあと1ヵ月を切りましたね。

私はいつも1年が終わると、1年間どうだったか
振り返って日記を書いたりするのですが

皆さんは振り返ったりしますか?

一年間は振り返らなくても
面接が不採用だったときは
振り返りますよね?

そんな時のワンポイントアドバイスを
今回はご紹介致します!

今回は面接時の逆質問について!

これは面接を受けた際に必ず聞かれる内容です!

正社員面接の場合は
面接官がやる気度のチェックをしている場合もある
重要なポイントですので、確認しといて損はなし!

どんな質問をしたら高感度が上がり
どんな質問をしたら高感度が下がるのか…
お伝えさせて頂きます♪

まず最初に高感度が下がる質問について

1.給与や休日・休暇、福利厚生の質問
例えば、残業や休日について等…
聞いてしまう方が多いと思いますが
1次面接の段階で、聞いてしまいますと
働く意欲を感じない場合がありますので
注意しましょう!

2.仕事に対するマイナスな発言
例えば、異業種(異職種)からの転職でも活躍できますか?
勉強できる環境はありますか?
未経験でも活躍出来ますか?等…

面接にお越し頂いている時点で
活躍出来る環境と認識してOKです!

マイナスな意見より仕事に対する
ポジティブ発言を心掛けましょう♪

3.志望企業のHPを見ていない発言
会社の事業内容や御社の強みなど
HPを確認すれば、分かる内容を

質問するのは、マイナスポイントです。

そこでHP見ていないことが分かり
やる気を感じられなくなりますので
面接時に企業様のHPチャックは忘れずに!


では、逆に高感度が上がる質問!
これを面接時に聞けば、高感度間違えなし!


1.責任感協調性伝える

一緒に働きたいと思えるのは、協調性があり
責任を持って仕事が出来る人を採用したいと思います。

前職で心掛けていたことを引き合いに出し
志望企業で求められることを逆質問すると
人柄も分かり、入社した後のイメージがつきやすいです。

2.意欲を伝える
入社したい会社だからこそ、会社に興味を持った質問をする
例えば・・・
配属部署強み弱みについて教えてくださいなど

あ、この人弊社で働きたいんだな

やる気があるんだなと伝える事がポイントです!

 

今回ご紹介した、逆質問対応を参考に
今後の面接に是非活かしてください!

ではまた次回お会いしましょう☆