menu

2020/02/25

【第14回】面接時のワンポイントアドバイス(言葉遣い編)


皆さんお久しぶりです。
つーです。

最近は気温も暖かくなってきて
お花見の季節が近づいてきましたね

私は人混みが苦手なので
地元の公園で眺めるくらいですが…(笑)

たまには観光地に行ってみるのも
いいかもしれませんね!

では、今回は言葉遣いについて
お話させて頂きます。

面接予約の際の電話・メール対応
面接時の言葉遣いは、人柄がでやすいです。

その為、言葉遣い丁寧だな…
メールの文章丁寧だな…と思われるように
言葉遣いに気をつけてみましょう!

印象が良くなるはず!

まず、敬語は大きく「尊敬語」と「謙譲語」の2つに分けられます。

尊敬語は相手、謙譲語は自分が動作の主となります。

【尊敬語の基本例】

・言う→おっしゃる
・する→される、なさる
・見る→ご覧になる
・知る→ご存知
・来る→いらっしゃる

【謙譲語の基本例】

・言う→申し上げる
・会う→お目にかかる
・食べる→いただく
・見る→拝見する
・聞く、行く→うかがう
・知る→存じ上げる


同じ意味だとしても
伝え方が変わる言葉がありますので
使い分けましょう!

またメールを送る際に役立つのが
クッション言葉!

私も良く使います…(笑)
たった一言添えるだけで印象が変わります!

【クッション言葉の基本例】

・恐れ入りますが
・恐縮ではございますが
・よろしければ
・差し支えなければ
・申し訳ございませんが
・ご迷惑をおかけいたしますが
・あいにく
・せっかくですが

面接だけではなく、仕事でも
役立つ言葉遣いですので
是非参考にしてみてください!

では今週はここまで☆
またお会いしましょう!